FC2ブログ
2018/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ファミリアマスターが征く!(228)       この世のものとは思えないほどに
ファミリアマスターが征く! -目次-

ファミリアマスターとは?
↑初めての人は読んでね♪

前回:ファミリアマスターが征く!(227)
    -天国の光-



正体不明の女
 とても暖かそうに見えるのに、どこか冷たそうな白い光の中、その光に背を向けて立つ女の人が一人。
 彼女は光に背を向けていて、だから彼女の顔には影が差していて、儚く淡い光に作り出された影は、その光と同じように淡くて儚くて、澄んでいて、それでいてとてもとても深いものでした。
 深い深い、けれどよく澄んでいる影。
 その影はとても澄んでいて、だからその女の人の半分包帯に覆われた顔も良く見えて、その顔に湛えられた表情も良く見えたけれど、なのにその影は何故かとても深いものだと、私は感じたのでした。
 決して届かない存在。
 私と彼女の間にある、見えないけれど決して越えることの出来ない壁。
 何故だか影は、そんなものの象徴のように見えて、だから私はその透き通るような影を深いものだと感じたのでした。

寒い・・・
 そんな形容しがたい光の中に、形容しがたい影を湛えた女の人は、どうしてかとても美しく見えました。
 とても綺麗で、狂おしいまでに魅力的な人。
 彼女は点滴台を手に、入院する人の着るあの白くて清潔感のある、けれどとても地味で映えない寝巻きを着ていましたが、その寝巻きすら風変わりなドレスか何かに見えてきてしまうほどの何かが、この人にはありました。
 百歩譲って、この人が女性だと言うことを置いておいても、一目で恋に堕ちるとか、そういう類のものを超越して。
 もっと深い何かに突き落されるような、ううん、手を引かれて深いところに引きずり込まれ堕ちていってしまうような、そんな何かを、彼女は持っていました。
 そんななんとも説明しがたい感覚を、何かを、私はこの人の美しさがそう感じさせているのだと思いました。
 けれど、私は今までにも美しい人はたくさん見てきましたが、今までにこんな感覚に陥ったことはなく、ましてヘレナ様や妖精のアルウェンさんだってこの人に劣らず美しかったのに、私は彼女達の前ではこの感覚を味わうことはありませんでした。そしてあの怪盗ファントムを前にした時にすら、こんな感覚には陥らなかったのに。
 そして、そんな彼女をまるで放心したかのように、食い入るように見つめていた私は、彼女がとても寒がっていることに気が付きました。
「ここは寒すぎるわ・・・。」
 あの、壁一面から聞こえてきた、この病院の清潔感と寒々しさをそのまま声にしたかのような、あの声で。
 彼女は、どこへともなく、誰へともなく、訴えていたのでした。
 それを聞いた私は、はっと我に返ります。
 我に返って、ぼうっと彼女を見つめ続けていたことを恥ずかしく思い、寒がる彼女を案じて、そして最後に、ここは確かに肌寒いけれど、そこまで寒がるほどでもないぞと、微かに疑念を感じました。

おいで先生って言うんだw
「あの・・・、そんなに寒いんですか?」
 どうしてこんなに寒いんだろうと、寒がりながらも不思議がるこの女性に、私は尋ねて見ました。
 しかし女性はそんな私にまるで気付いていないかのように、けれど明らかに気付いている文脈で、まるで悲しい歌でも歌うかのように、言葉を続けました。
「ああ・・・、息苦しい・・・。」
 寒いだけでなく、息苦しいとまで言うこの人。
 点滴に入院用の寝巻きという姿から見て、明らかに患者さんの彼女は、やはりどこか悪くて、だから寒くて苦しいとかんじているのでしょうか?
「あの・・・、先生はどこですか?」
 そんな彼女は、その歌うような調子で続けます。
「今日はこの包帯を外す日なのに・・・」
 この人気の全くない病院で、彼女はお医者の先生を探しているようでした。
 この人気のなさは、一朝一夕のものではありません。不思議なことに清潔感はとても高い水準で保たれていますが、ここには長いこと誰も人が訪れていないということは明らかでした。
 そしてそんなことを思った私は、不思議に思いました。
 この人気のなさは、一朝一夕のものではない。
 ずっと人が訪れていないという、「無い」という気配が、ここには満ちている。
 けれど、この女の人はどうやらずっとここに居たらしい。彼女はどう見ても入院患者です。
 なら、この「無い」という気配は、一体何?
「手術が成功したかどうか、早く確認したいのに・・・。」
 女の人は続けます。
 悲しい歌を、歌い続けるように。
 その調子に、そして今しがた気付いた自分の思考に、私の背中にはふと冷たい何かが走りました。
 けれど、そんなことにはお構い無しに、この世のものとは思えないほどの美しさを湛えた女性は、歌い続けます。

正体不明の女の頼み
「私の頼みを、聞いてくださいませんか?」
 淡い光に、澄んだ影に、溶けていくようなその声で。
スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

しらゆき

Author:しらゆき
メイプルストーリー、いばらでのんびり遊んでます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。