FC2ブログ
2018/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ダークヒーロー★しらゆき(105)       魔王様を連れ出せ!
 魔王さまと私は、ヘネシスに広がる草原の遠くに見えていた、森の中を歩いていました。
 視界が良く開けていて、陽の光が燦々と降り注ぐ草原と違って、森の中は少し薄暗く、そんな中木々の隙間からこぼれるように降る木漏れ日が、私の気分を晴れやかにさせます。
 魔力に満ちて、そんな魔力を吸ってとても背の高い木々が頭上を覆っていたエリニアの森とは趣の違う、普通の、草原の中にある小さな森。
 あれだけの木々に覆われていながらも何故か燦々と降り注ぐ木漏れ日に明るかったエリニアの森に馴染んでいた私は、この少し薄暗い中にこぼれる木漏れ日を見て、そういえば、森ってこういう感じだったなぁ。と、部屋っ子の私は思い出すのでした。
 そして魔王さまと言えば、ここ最近では相変わらずとなった、しかし私以外は決して気が付くことの無い、微妙に、けれど確実に、元気の無い表情で森を歩いています。そばに私しか居ないからか、取り繕うような軽口を叩くこともありません。それはそれでつまらないのですが、それはつまり、魔王さまが私の前では自然体で居るということの証でもあったので、私は元気の無い魔王さまとは裏腹に、少しだけ満足げな気持ちになります。
 そんな私たちは、森の中を奥へ奥へと歩きます。

もふもふベアト
魔王さま。
 森の奥にあるらしい目的地に向かって、淡々と、けれどどことなくゆっくりと、歩き続ける私たち。

魔王スタンプ(ヘネシス)
なぁに?
 魔王さまの声、ちょっと元気ない。

もふもふベアト
手、繋ぎません?

魔王スタンプ(ヘネシス)
はぁ?
 元気の無い魔王さまは、私の唐突な提案に少し素っ頓狂な声を出します。ちょっとは元気でたかな?

もふもふベアト
ほら、繋ぎましょうよ。昔はよく繋いでくれたでしょー?今じゃそうでもないけど、昔は魔王さまの方が見た目お姉さんだったし、自分で言うのも何だけれど、サマになってましたよね。
 そんな魔王さまに、からからと少し笑いながら言う私。

魔王スタンプ(ヘネシス)
全く・・・、いつの話よ。もうそんな年でもないでしょ。貴女もわらわも。
 なんて、やれやれと言った様子で、それでもさらりと流れるように、自然に、そして軽く、キュッと手を握ってくれる魔王さま。

もふもふベアト
あははー。魔王さま、さり気ないなぁ。魔王さまって男の子だったら、間違いなくモテモテプレイボーイですよね。

魔王スタンプ(ヘネシス)
失礼ね。わらわはそんな不埒な真似はしないわ。それに、今だってわらわ、十分モテモテよ。
 ほらね、少し元気ない。
 普段だったら魔王さま、否定しないでもっとプレイボーイについて軽口を叩くもん。

 だったらわらわはまず、リナを落とすわね。彼女の料理は魅力的よ。
 次はそうね、カミラは・・・、やめておきましょう。アレには、ふふ、気になる幼馴染がいるようだから。でも、エリニアに戻ってアルウェン辺りを狙うのも面白そうね。
 もちろん、あの生意気なヘレナだってわらわにメロメロよ!


 なんて、あの馬鹿みたいな高笑いをしながら、普段の魔王さまは言うに決まっています。だけど今の元気の無い魔王さまはそんな軽口も叩きません。特に、今の魔王さまの口から、ヘレナの名前が出るなんてことはあり得ないことでした。

もふもふベアト
今だってモテモテかぁ・・・。どっちかって言うと、ベアトのがモテてないですか?

魔王スタンプ(ヘネシス)
ふん、貴女は可愛らしいタイプだからね。お子様には人気なのよ。けれどわらわは綺麗なタイプだから、大人に人気なの。

もふもふベアト
大人に、見初められたりしたんですか?

魔王スタンプ(ヘネシス)
大人はそんなことしないわ。大人は紳士だから、そう簡単に好意を気取られるようなことはしないの。だから、貴女のがモテているように見えるのよ。
 それでも、私の方がモテているのは悔しかったのか、ここだけは魔王さまも少し饒舌になりました。
 魔王さまはこう言うけど、絶対私の方がモテてますよね?

 そんな、くだらない話をしながら行く森の中。
 思えば魔王さまと二人で、こんなにもくだらない話をしたのは久しぶりな気がします。だって魔王さま、最近じゃ二人の時は、ほとんど口きかないんだもん。
 さすがにそんな魔王さまに飽き飽きした私は、ジェイさんと相談して、魔王さまに元気を取り戻してもらうための作戦を立てたのでした。
 もちろん、何があったかはジェイさんには詳しく教えていません。それは魔王さまにとって不名誉な事ですから。誤魔化したし、彼はああ見えて気の利く人なので、察して深くは聞いてきませんでした。
 魔王さまの目を盗んで、秘密の文通をして相談した結果、私はジェイさんの魔法の勉強にかこつけて、魔王さまを強いモンスターが出るという秘境に連れていくことにしたのです。
 秘境の名は、ゴーレム寺院。
 この森の奥にあるという、ゴーレムという大きな石の身体をしたモンスターが蠢く、ヘネシスのちょっとした秘境めいた場所。
 ジェイさんの友達のしらゆきと言う子も、街のお手伝いのためによくそこに出入りしていたそうですが、そこに出入りする前と後では、彼女の強さは別物になっていたらしいです。と言っても、これはジェイさんも聞いた話だそうですけれどね。彼は戦いのことなんてさっぱりだから、きっとその子の戦いっぷりを見てみても、何が何だかちんぷんかんぷんでしょう。彼が魔法を覚えたら、それを使って戦うことも教えなくっちゃいけないですね。
 でも、とにかくその話を聞いて、私はしめたと思いました。
 今の魔王さまは、きっとヘネシスから出たがりません。気分が落ちてるとき、魔王さまは私ほどではないにしろ少しひきこもり気質になって、家から出たり、普段よく行く場所に出かけるくらいはしますが、遠出したりはしなくなるのです。そしてヘネシス周辺に出るキノコのモンスターはとても弱く、魔王さまの相手にはなりません。
 つまり、魔王さまはヘネシスから離れることも出来ず、延々と弱いキノコを無為に狩り続ける以外に出来ることが無かったのです。
 魔王さまは、ヘレナに敗れて以来自信を失っています。
 その失った自信を取り戻すために、そして、気晴らしのために、もっと強いモンスターとたくさん戦って欲しかったのですが、今の魔王さまを他の地域へ連れ出すことは、どうにも難しそうでした。
 だから私はジェイさんに、ヘネシス周辺で、キノコよりももっと強いモンスターが出る場所はないかと聞いたのです。そして教えてもらったのが、この森の奥にあると言うゴーレム寺院でした。
 大きな石の身体のゴーレム。
 きっと姿かたちにそれから強さも、きっと全然違うのでしょうが、魔界にもそう言うモンスターは居ました。ああいうのは魔力を浴びて生まれた魔法生物の類なので、きっとどこの世界にも似たようなのが居るのでしょう。
 この森に入るのは初めてで、ここは魔王さまのよく出かけて行く場所ではないですが、それでも私が少し無理を言えば、魔王さまは私に付き合って、これくらいの場所にならついてきてくれます。魔王さまは私のわがままに弱いのです。
 キノコとは違う、少し強いモンスター、ゴーレム。
 大きな石の身体の、魔法生物ゴーレムは、この世界にやってきてから初めて戦うタイプの敵です。そんなゴーレムに、魔王さまはきっと新鮮な気持ちで挑んでいけることでしょう。
 そしてそんなゴーレムと戦って、元気にその寺院を駆け回ることで、少しでも魔王さまが元気を取り戻してくれればと思います。

魔王スタンプ(ヘネシス)
あら、出口が見えてきたわね。
 魔王さまが、ふと言いました。
 確かに向こうの方に、大きく差し込む光が見えます。しかしその光が強くて、森の中は仄かに暗くて、その光の先に何があるかはよく見えません。
 魔王さまには、この先にはジェイさんの魔法の勉強に使える、魔法の石が採れる場所があると伝えてあります。ゴーレムがその魔法の石を落とすのですが、魔王さまにはそうは言っていないので、きっと採石場か何かがあると思っていることでしょう。

もふもふベアト
あっ、ホントですね。ベアト、眩しいー。
 元気の無い魔王さまに、ちょっとだけぶりっ子口調で言ってみます。
 そっと繋いだ、私の冷たい手とは反対に、随分と暖かい魔王さまの手を引いて、私は少しだけ駆け足で、普段私を引っ張ってくれる魔王さまを引っ張ります。
 魔王さまを振り返れば、普段とは立場の逆転した私に、魔王さまは少し目を丸くしています。
 ふふっ、構うもんか。
 このまま、ゴーレム寺院にレッツゴーです!


魔王スタンプ(ヘネシス)
どっちがプレイボーイよ。ベアトマジイケメンね。

もふもふベアト
マジイケメンとか、にゃうい言葉遣いですね。

魔王スタンプ(ヘネシス)
どこがよ。マジイケメンもにゃういも、死語よ。

もふもふベアト
(マジイケメンは、今でも聞くけどなぁ・・・。)

しらゆきスタンプ(大)
(えっ。にゃういって死語なの・・・?)
スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

しらゆき

Author:しらゆき
メイプルストーリー、いばらでのんびり遊んでます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。