FC2ブログ
2018/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ダークヒーロー★しらゆき(112)       魔王様と思春期
 先程も通ったこの森を、今度は反対方向へ歩く。
 同じ場所でも向かう方向が違えば景色は随分と違うもので、それは似たような木々に囲まれた森であっても同じだったわ。森と言えばどこもかしこも同じ景色で、まるで自然の作り出した迷宮のようなものを想像しがちだけれど、この森はそう大きな森でもなく、景色も同じものが続くわけではなく、木々は、自然は、様々な表情を見せているわ。
 行きとは違う景色を披露し、目を楽しませてくる小さな森。
 そんな森を、この可愛らしいお付きと歩くのはなかなかに趣深いものだわ。
 ベアトは小さくてヒンヤリと冷たい手を、わらわの手にそっと添えて後からトコトコついてくる。
 行きではいつもと逆転して、わらわの手を引いていたベアトは、今はいつも通りわらわに手を引かれている。
 どちらが手を引いて先を歩いているかの、違い。
 その小さな違いは、しかしもっと大きな違いを表していた。
 あの歴史の重みを感じる寺院での出来事を境に、わらわの心境は随分と変化していた。
 その変化とは、もちろんヘレナにボロ負けして落ち込んでいたわらわが立ち直ったという変化だけれど、しかし変化はそれだけではなかった。
 わらわはヘレナに負ける前のわらわに戻ったわけではなかった。
 ヘレナに負ける前のわらわと、今のわらわの間には、確かな違いがあったわ。
 特に考えも無く、ただ誰かの軍門に下るのが嫌で初心者をしていたわらわは、初心者と言われれば怒っていた。そんなわらわはあの寺院で、その初心者を、誰の下についているわけでもない、最高に自由な、魔王にふさわしい職業と定義して、それを極めようと決めたのだった。
 極めるといっても、初心者には先人たちが編み出したスキルが用意されているわけでも、効率の良い成長が待っているわけでもない。
 きっと、とても地道で地味な道のりだわ。
 ふふ、ふふふふっ・・・。
 ふははははははっ・・・!
 だけどね、だからこそ面白いのよ!!
 誰も知らない、難しい道のりだからこそ面白いのよ!!
 昔わらわの友人が、
「ゲームはね、難しければ難しいほど面白いんだよ・・・。地道に覚えて、パターンにはめて、少しずつ進んでいて、そしてクリアした時の感動・・・。たまらないね。」
 なんて、部屋に引き篭もって暗い笑顔でぶつくさ言っていたけれど、それはある意味、真理をついているわ。
 そう、難しいほど、燃えるのよ。
 わらわは魔王。難しい課題を乗り越えてこそ、その格を上げるというものよ。
 そしてそんなわらわを、人々は称賛の目で見つめるのよ。
 ふふっ、気分いいわ。

もふもふベアト
魔王さま。

魔王スタンプ(ヘネシス)
なに?
 可愛いお付きが、わらわを呼んだわ。今良いところなのに。

もふもふベアト
なにブツブツ言ってるんですか?気持ち悪いです。
 あら、どうやら少し心の声が漏れていたようね。だけど貴女、このわらわに向かって気持ち悪いとは何よ。

魔王スタンプ(ヘネシス)
ふふ。でも、そんな気持ち悪いわらわも久しぶりでしょう?嬉しい?わらわが気持ち悪くて、嬉しい?
 わらわはベアトがわらわを励ますためにあの寺院に連れ出してくれたということに気付いていたわ。だからそれに感謝しつつも、このいつも通りの憎まれ口を叩くベアトが可愛らしくって、つい意地悪を言ってしまう。
 とは言え・・・。
 わらわのこの台詞、ホントに気持ち悪いわね!

もふもふベアト
魔王さま、うざい。
 そしてそんな気持ち悪いわらわに、思春期みたいなことをいってそっぽを向いてしまうベアト。
 あぁ、もう。可愛いわね。
 わらわはベアトをもっとからかいたくなるけれど、それはおしまいにして、立ち止まって彼女へ振り向き、繋いだ手をしっかり握って、言う。

魔王スタンプ(ヘネシス)
ねぇ、ベアト。

もふもふベアト
なんですか?気持ち悪い魔王さま。

魔王スタンプ(ヘネシス)
ありがとうね。励ましてくれて。

もふもふベアト
・・・。何のことですか?ベアトわかんないです。きもいです。
 ホント、思春期みたいね。

魔王スタンプ(ヘネシス)
ふふっ、素直じゃないんだから。
 わらわのその言葉に、ベアトはツンとしてまたそっぽを向いてしまった。
 だけどわずかに見えるその横顔に、ほんのりと嬉しさが浮かんでいるのに気付いたことは、黙っておこうかしら。

 わらわ達は、そうしていつもの調子を取り戻りして、寺院を後にして、森を進みヘネシスの街へと戻っていく。
 滅茶苦茶にしてしまったあの寺院も、しばらくすれば元通りに戻るでしょう。
 あのゴーレムたちは土地の魔力が生んだ自然の賜物。
 自然が生んだ、土地の守護兵。
 そんなゴーレムたちは、バラバラになってもその土地を守るために再びその身体の破片が集まり再生する。そして何事もなかったかのように、土地を守り続けるんだわ。
 わらわにとって大きな転機をもたらしたあの荘厳な寺院。
 しばらくしたら、元の景色を取り戻したあそこにまた遊びに行ってみるのもいいかもね。
 もっとも、ゴーレムたちには迷惑でしょうけれど。
 でも、わらわ思うの。
 それでこそ、魔王だって。
 ふははははははっ!


もふもふベアト
魔王さま本調子ですねー。あー、うざいうざい。

魔王スタンプ(ヘネシス)
貴女ホント思春期みたいね。

しらゆきスタンプ(大)
私も17歳(永遠)だからね!ベアトちゃん、思春期仲間だね!

もふもふベアト
・・・・・・。
スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

しらゆき

Author:しらゆき
メイプルストーリー、いばらでのんびり遊んでます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。