FC2ブログ
2018/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ダークヒーロー★しらゆき(119)       魔王様、荒野を征く。
 硬い硬い、それでいてあまりの渇きに硬いと同時に脆くもある、赤茶けた色の岩の足場を、わらわとベアトは歩いていた。
 吹きすさぶ風は強く、その風が運んでくるのはひどく乾燥した空気で、そんな空気でわらわ達を嬲るその風は、さながら死の風と呼ぶに相応しいように思えた。
 そんな風の中見上げる空は晴れているのにまるでひどい曇り空のように濁っていて、そこには青ではなく灰色が広がり、太陽の光はその灰色に霞んでいた。
 空を濁らせているのは、雨雲ではない。
 ひどく乾燥したこの土地に、雨雲など出来るはずもなかった。
 空を濁らせるそれは、砂煙や埃、それから風に嬲られ地に打たれ、空に舞う程細かくなった石の欠片などで、それらはこの地に吹く死の風に舞い上げられ、頭上を灰色に染め、空の上でさらに風に煽られ物凄い勢いで一定方向に流れていた。
 そんな空に辟易して、ふと足元に目を落とせば、あの赤茶けた岩の地面が目に入る。
 それを注意深く見てみれば、乾きのあまりにいくつもの細かい亀裂があるのに気が付いた。一度気が付けばそれは途端に存在感を放ち、網目のように張り巡らされたその亀裂を歩きながら見るわらわは、それがまるで、子供が紙に描いて遊ぶ迷路のように見えた。
 岩の地面に描かれた、無邪気で、とてもとても大きな迷路。
 ここの地面に迷路を描いた子供は、きっととてつもなく暇だったか、もしくは迷路遊びが尋常じゃなく好きだったのだろう。迷路は、ゴールもなく果てしなく続く。
 渇きと言う無邪気な子供が、この地の地面に長い年月をかけて描いた、迷路。
 わらわは、渇きを無邪気な子供だという表現に軽く笑いながら、しかしそれがあながちおかしな例えではないということに気付く。
 子供と言うのは、無邪気で、それ故に時に残酷だわ。
 このあまりにもひどい渇きは、そんな子供に似ていた。この渇きは長い年月をかけてこの土地を蝕んできたのだろう。
 まるで蟻の巣を見つけた子供が、その巣をほじくりかえしてしまうように。
 ・・・・・・。
 そこまで考えて、わらわは思う。
 少し、疲れているみたい。
 硬く脆い地面を歩き続け、時には険しい段差なんかも越えて、渇きに曝され続けながらも歩き続けたわらわの思考は、なんというか、殺伐としたものになっていた。

もふもふベアト
うぅ・・・。ヘレナめ・・・。
 後ろを歩いていたベアトが、ふと呻いた。

もふもふベアト
なんでベアトが、こんなトコ歩かなくちゃいけないんですか・・・。
 わらわに言っているのか、はたまた独り言なのか。とにかくベアトは呪いを吐く。
 ヘネシスを出たわらわ達は、その道すがら待ち構えていたヘレナに言われてここまでやってきた。
 ここはペリオンの荒野。
 過酷なこの地は強くなりたいわらわの修業には最適で、さらにこの先には戦士の街があるのだという。わらわは戦士になるつもりはないければ、その街の戦士たちを見ておくのも、強くなるためには悪くない。もしかしたら、手合せなんかも出来るかもね。
 けれど、ベアトにはこの環境は少し過酷すぎたらしい。引きこもりがちで自称都会派の彼女は、空気が乾き、水すらまともに飲めないこの環境にたらたらと不平を述べ続けている。

もふもふベアト
うぅ・・・、喉が渇きました・・・。お水が飲みたいです・・・。
 まぁ、これは切実な問題で、もっともな不平ね。

もふもふベアト
それにこの風。酷い風です。ベアトのさらさらキューティクルが台無しになったら、どうしてくれるんですか。
 自称都会派は言うことが違うわね。ベアトの我儘な一面が垣間見える台詞よ。けれど、ふふん。この程度で傷んでしまうキューティクルなんて、甘いわ。わらわの艶やかな髪はこの程度の渇きでは傷まない!偉大なる魔王であるわらわのキューティクルは、最強のキューティクルだわ!

もふもふベアト
もうー!喉も乾いたし、お肌も髪もキシキシだし、最悪です!!
 そして唐突に叫ぶベアト。

もふもふベアト
疲れたよぅ!魔王さま、ベアト疲れましたよぅ!!

魔王スタンプ(ヘネシス)
そうね、わらわも疲れたわ。でも、良かったじゃない。
 怒ってぶんぶんと腕を振り回すベアトに、わらわは言う。

魔王スタンプ(ヘネシス)
騒ぐ元気が残っているなら、十分だわ。

もふもふベアト
・・・・・・。
 わらわの皮肉に、しばらく黙ってわらわを睨みつけてきたベアトは、

もふもふベアト
ふんっ、だ!
 と言って、そっぽを向いてしまった。
 やっぱりこの子は、からかい甲斐があるわね。
 そして大騒ぎしてそっぽを向いたベアトは、そのために気付いていないみたい。わらわはそれを少し黙っていて、心の中でもったいつけてから、疲れているらしい彼女に教えてあげる。

魔王スタンプ(ヘネシス)
でもね、ベアト。

もふもふベアト
・・・・・・。
 ベアト、無視。

魔王スタンプ(ヘネシス)
見てみなさい。この先に、街らしきものがあるわ。

もふもふベアト

 途端、ベアトの顔がパっと輝きこちらを向いた。
 やっぱりこの子はからかい甲斐があって、可愛らしいとわらわは思った。


魔王スタンプ(ヘネシス)
わらわのキューティクルは鋼のキューティクルよ!

もふもふベアト
何ですか鋼のキューティクルって。
スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

しらゆき

Author:しらゆき
メイプルストーリー、いばらでのんびり遊んでます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。