FC2ブログ
2018/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ダークヒーロー★しらゆき(121)       魔王様と狙われたベアト
 ふふっ、ふふふふふふっ・・・。
 あはははははははははははっ!!
 ベアトったら、ベアトったら・・・、

モフモフベアト(ムキィ!)
ぎゃー!!
 ですって!
 可笑しいったら、無いわ!

モフモフベアト(泣き虫)
ままままままっ、魔王さまっ!!
 取り乱し、どもりまくるベアトはそう言ってわらわの方へと駆け寄ってきて、そのままわらわの片腕にしがみつき、食人民族だと言った彼を、背を丸めて上目遣いに睨みつけながら、じりじりとわらわの背中へと回り込む。
 回り込んで、わらわの背中の後ろに完全に隠れてしまったベアトは、直後、ひょいと顔だけをわらわの背中から出して、相も変わらず食人民族らしい彼を睨みつけた。
 これじゃまるで・・・、
「ははは、まるで警戒しているネコのようだな。」
 男が、言った。
 それを聞いてわらわは、なおも可笑しくなる。

魔王スタンプ(ヘネシス)
あら、気が合うわね。
 わらわは笑いながら、彼に言った。

魔王スタンプ(ヘネシス)
わらわも同じことを考えていたところよ。
 あぁ、もう。
 本当に可笑しいわ。それに可愛らしい。

魔王スタンプ(ヘネシス)
ふふっ・・・。でもね、ベアト?

もふもふベアト
なっ、なんですかっ。

魔王スタンプ(ヘネシス)
偉大なる魔王のお付きが、それじゃあんまりにもだらしないってものよ?
 笑いながら、嗜める。
 するとベアトは少しはっとして、だけどすぐに首をぶんぶんと振って、わらわに言うのだった。

モフモフベアト(泣き虫)
そうかもしれませんけど、だって、人を食べちゃうんですよ!?
 ベアトは男に慄きながら、彼から決して視線を外さないようにしながら、半ば叫ぶように言う。

モフモフベアト(泣き虫)
しかもベアト、美味しそうだなんて言われて、狙われてますっ!危険です。ベアト、ピンチです!魔王さま!
 必死で言うベアトだけれど、何だかその言いようも面白くて、わらわもその男も、とうとう堪え切れなくなって吹き出してしまう。

魔王スタンプ(ヘネシス)
あはは!もう、ベアトったら!

「くっ・・・。くははははっ!ここまで驚いたやつは初めてだ!」
 ひとしきり笑うわらわと男と、それをビクビクとした様子で見つめるベアト。
 さすがにそろそろ可哀想になったから、わらわはベアトに教えてあげる。

魔王スタンプ(ヘネシス)
ふふっ、ベアトったら。貴女、からかわれているのよ?彼は人なんて食べないわ。
 わらわのその台詞をすぐには飲み込めず、一瞬きょとんとするベアト。

もふもふベアト
・・・へっ?
 どこか間の抜けた声で驚きを表す彼女に重ねて、男もまた小さく驚きの声を漏らした。
「むっ。なぜ分かったんだ?」

魔王スタンプ(ヘネシス)
ふふっ、すごいでしょう?でもね、そんなことは目を見れば分かるわ。
 わらわはベアトと男に、説明をしてあげる。
 ベアトを安心させるために。男の疑問に答えるために。

魔王スタンプ(ヘネシス)
人を食べる人間は、もっと暗い目をしているわ。それは目付きの問題じゃなくて、どんなに普通の目つきをして見せても、目の奥に宿る影に現れるものよ。自分と同じ姿かたちをしたモノを食べるんだもの。どんな酷い奴でも、その行為はその人の心をズタズタに引き裂くわ。それが目の奥に影となって、現れるのよ。
 わらわは二人に、そう説明をする。

もふもふベアト
なんですか?それ?ベアト、そんなの読んだことないです。
 ベアトはこの知識を、わらわがどこかの本から得てきたものだと思ったらしい。この子はそう言うところがある。魔法や科学の知識、哲学や思想なんかの無形の知識のみならず、人との関わり方やはたまた自分の生活態度まで、何でもかんでも本から得ようとするのだ。だから彼女は、わらわの今の説明も、どこかの本に載っていたのだと思ったのでしょう。
「ふむ、そうなのか。今度はその影とやらも演じなくてはならんな。」
 一方男は感心したようにそう告げる。

魔王スタンプ(ヘネシス)
ふふ、無駄よ。真似しようと思って出来るようなシロモノじゃないもの。それにそんな悪戯、悪趣味だから止めておきなさい。
 わらわは感心した男に、そう釘を刺す。
 そこで、ベアトがようやく気づいた。

もふもふベアト
あれ?
 素っ頓狂な声を上げる、どこか抜けてて可愛らしいわらわのお付き。

もふもふベアト
悪戯?じゃあこの人は、ベアトのこと食べないんですか?
 またも可笑しな言い回しをして、わらわと男はクスリと笑ってしまう。

「ははっ、食べるわけがないだろう!悪戯だ、悪戯。これは俺の趣味なのだ。まぁ、そこの彼女には見破られてしまったし、怒られてしまったがな。」
 男はわらわを見て、笑いながら言う。

 全く、面白かったけれど、しょうがないやつね!とわらわは思う。
もふもふベアト
ふぅ・・・。なんだ・・・。良かったです。
 ベアトは息をついてそう言って、しかし緩めはしたもののまだ警戒は解かず、わらわの腕にしがみつきながらゆっくりとわらわの後ろから出てきた。

モフモフベアト(ムキィ!)
もうっ。何なんですかっ?貴方は!
 そしてしばらくの後、そう言った。少し、おかんむりだわ。

「あぁ、すまんな。名乗るのを忘れていた。」
 男はベアトの、「何なんですかっ?」を別な意味にとったらしい。この男はこの男で、どこかずれている。

豚踊りスタンプ
俺は、豚と一緒に踊りを。と言う。
 豚と一緒に踊りを。
 えっ?
 それ、もしかして名前?

豚踊りスタンプ
荒野に断つ戦士の街、ペリオンの誇り高き戦士だ。
 どうやら、名前らしい。
 そして彼は、戦士らしい。
 そしてもう一つ、彼の名乗りから分かったことがある。
 どう見ても村か集落にしか見えないここは、しかしというか、やはりというか、街であるらしかった。


もふもふベアト
ふぅ・・・。全くもう!人騒がせな人です!

魔王スタンプ(ヘネシス)
貴女も貴女で、純粋と言うか、からかいやすいというか・・・。

モフモフベアト(ムキィ!)
なんですって!むきぃ!
スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

しらゆき

Author:しらゆき
メイプルストーリー、いばらでのんびり遊んでます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。