FC2ブログ
2018/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ダークヒーロー★しらゆき(136)       魔王様とひもじさ
魔王スタンプ(ヘネシス)
これが持ってきた最後の食糧よ。
 わらわのその言葉に、せっせとスープを口に運んでいたベアトの手が止まる。
 手が止まり、元から白磁のように白い肌が、白磁とは違った蒼を帯びたような白になる。そのさらに白くなった頬からは、可愛らしい紅潮も失われていた。
 そんな蒼白い顔をしたベアトは、目を見開いてスープを口に運ぶ途中の形のまま固まる。
 全身を固めて、表情を失せさせて、呆然自失とするベアト。
 そんなベアトを見てわらわは思う。
 そんなに大したことかしら? と。
 確かに食べるものがなくなるのは大問題だわ。それが普通の人間ならまさに死活問題。生きるか死ぬかの瀬戸際だわ。生き物は食べるものなしには生きられない。
 けれど、ことわらわ達に関しては食べ物はそう重要なものではないわ。
 わらわもベアトもこれまで普通に食事を取って、普通にそれを楽しみ、また糧としてきたけれど、実の所、わらわ達には食事は必要ないのだ。
 わらわは魔王。不死身の魔王。わらわは何があっても死なないから、例え食べ物が何一つなくても、それどころか水一滴飲まなくても、死ぬことはない。
 ・・・・・・。
 なんて言ってみたけれど、正確には、わらわはご飯を食べなければ死んでしまう。
 わらわの不死身は、不老不死は、何があっても死なないというものでは、実はない。
 わらわの不老不死の「不老」の部分は確かにそのままの意味で、わらわはこれ以上年を取ることもなく、永遠にこの若さのまま、この美しさを維持し続けるわ。羨ましいでしょう?
 けれどわらわの「不死」は言葉通りの死なないという意味ではなくて、実は死んでも生き返る。という意味なの。
 わらわは何度死んでも蘇る。
 エリニアでトカゲの巣の中で斃れた時も、大猿のオバケにやられた時も、わらわは一度死んで、その死の中から蘇ったのよ。
 例え身体がバラバラになっても、灰になっても、わらわは生き返る。
 灰の中から蘇る、不死鳥のようにね?
 ふふっ、わらわったら美しいわね。
 しかし、つまりわらわは死なないわけではなくて死んでも生き返るわけだから、食べ物が無ければ当然餓死してしまう。魔王として生まれたからには当然そこいらの人間やらよりかは丈夫に出来ていて、ある程度は食べ物が無くても平気だけれど、それでもずっとそれが続けばいつしか身体から力が抜けていき、体力も、生命力も失われていき、痩せ細って死んでしまう。
 痩せ細って死んで、すぐに何事もなかったかのように元の身体に「リセット」されて生き返る。
 そう言った意味で確かにわらわは食べ物が無くても死なないけれど・・・。
 でも、それってすごく嫌じゃない?
 食べ物が無くて痩せ細って、餓死して生き返り、また餓死しては生き返る・・・。
 うぅ、考えたくないわね・・・。
 それに、そんなひもじいのは魔王らしくないわ!
 さて、そんな感じでわらわは食事を取らなくても、「大丈夫じゃないけど大丈夫」なわけだけれど、一方ベアトは本当に「食事を取らなくても大丈夫」だわ。
 ベアトは今でこそ駆け出し魔法使いだけれど、かつても世界で一番とまで言われた実力を持つ魔法使いだったわ。その時の魔力やら魔法やらは、わらわがこの世界にやってきた時に力を失ったのと同じように、今のベアトからは失われているけれど、それでもベアトにはわずかに残った魔法がある。
 ベアトの身体の奥深くに根付いて、もはやベアトという存在と同化するまでに至った、根源的な魔法の数々。
 その魔法の中の一つに、食べ物を必要としない魔法がある。
 魔法使いの奥義の中に、自らの魔力を生命力に変換するというものがある。
 魔力を自らの生命力に変える。
 その魔法を覚えた魔法使いは、食事を取らなくても栄養に困ることはないし、睡眠をとらなくても疲れることはないし、怪我をした時もその魔力の強さに応じて素早い回復、自己再生を見せる。最も怪我した時には、回復の魔法を使った方が手っ取り早いけれどね。
 この世界にやってくる時にベアトの魔法と魔力はあらかた失われてしまったけれど、それでもその魔法はベアトの中に残っている。
 そしてベアトは元の魔力が強大だったことや、こちらで魔法使いに転職したこと、さらには魔力を高めるための知識が豊富であることから、この世界の魔法の使い手としてはまだまだな所があっても、魔力の絶対量だけはなかなかのものだったわ。
 だからベアトは、ちょっとご飯を食べないくらいは、まさに屁でもないのよ。
 あら、美しくて偉大な魔王が「屁」だなんて、お行儀が悪かったわね。
 しかし、

モフモフベアト(泣き虫)
・・・そんなの、ひもじいです!
 食料が尽きたという事実を目の当たりにし、ようやくそれを飲み込み茫然自失から帰ってきたベアトは、唐突に、先ほどの呆然としている時の様子とはまた違った目の見開き方をして、そう声を荒げたのだった。


もふもふベアト
はぁ・・・、リナさんの手料理が食べたい・・・。

魔王スタンプ(ヘネシス)
あれは美味しかったものね。
スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

しらゆき

Author:しらゆき
メイプルストーリー、いばらでのんびり遊んでます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。